採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

気持ちの良い断られ方

内定辞退

採用に携わっている人間が聞きたくない言葉に一つです。

学内説明会での出会いから始まり、選考を進める中で徐々にその学生の背景が見えてくる。お互いに自己開示をする中で志望度も高まりいよいよ内定承諾。そんなタイミングでの内定辞退。特に志望度が高く良い人材だと思っていた学生からの内定辞退は堪えます。

しかし採用に内定辞退はつきものです (もちろん入社して頂くのがベストですが)。我々が採用活動を通じて言っているのが

「気持ちの良い断られ方をしましょう」ということ。

最後までどちらにするか悩んだ末に他社を選択していたとしても、御社にも魅力を感じていたということは事実です。第一志望の内定が出たら辞退することが分かっているケース、他社を選択する可能性が高いケース。結果的に自社を選んでもらえないであろう時も、疎かな対応をしてはいけません。断られ方も大切です。

薬剤師採用など理系採用に携わる機会が多いのですが、専門的分野の職種は仕事だけでなく転職も分野の中で動くことが多いです。新卒採用だけでなく中途採用も含め、いつその転職者や学生と再び接点があるか分かりません。 本人が転職をせずとも近くに転職を考えている方がいたり、企業探しをしている所謂「転職予備軍」がいる可能性もあります。

先日応募のあった転職者に応募理由を聞いたところ、実は新卒時に内定をもらっていたとのことでした。当時はやりたいことが少し違っていたそうですが、 実際に経験を積み今回転職を考えた時に当時のことを思い出し応募を決めたとのこと。「当時現場の社員の方の対応も良く、雰囲気が良かった」そんなお話しをされていました。

こうした応募のケースは、中途採用でしばしば見かけます。商品やサービスの購入において他社で契約が決まった瞬間、あれほど頻繁だった連絡が突然来なくなる業者のようにはならず、 最後まで礼節を重んじて転職者に接することで、 再び人生のトランジションに立った時、御社のことを思い出してくれるかもしれません。

そして直接の関りではなくとも、その方の近くに御社への応募を考えている転職者がいた時にそっと背中を押してくれる味方になってくれるかもしれません。