採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

大学とのつながり、実はあったりする

一つの媒体やイベントだけで大きなエントリーが稼げなくなってきた新卒採用。

大学訪問を新たな施策として始めたり、突如として大学訪問を始めるように

上長から言われた担当者もいるかもしれません。

そんな時、

仕方がないからとりあえず近場の大学から回ろう・・・。

もしもこのように考えているのであれば、これは一旦止めましょう。

大学訪問を営業活動に例えた場合、突然の訪問は飛び込み営業にあたり、

アポイントを取ったとしても新規営業と同様の面談になります。

一度考えてみましょう。どこかに繋がりはないでしょうか?

ルート営業になるリソースが社内にはないでしょうか?

思い出して下さい、学生時代にエントリーシーツやGD、面接対策、企業選び

などで相談をしていたキャリアセンターの方は今どうしているでしょうか?

卒論や卒業研究で厳しく、優しく指導してくれた先生、ゼミで色々と

お世話になった先生は元気にしているでしょうか?

卒業後多くは、キャリアセンターや研究室やゼミの先生と疎遠になっています。

しかし、学科には就職担当というポジションが存在しており、学科内の先生が

毎年(大学によりますが)持ち回りで担当しています。

もしかするとその先生たちが今、就職担当になっているかもしれません。

キャリアセンターも、以前よりも大きく機能的になっているかもしれません。

そんな旧知の場所からのアプローチは、新規営業よりハードルが低いはずです。

現在積極的に採用したい大学を卒業した若手OBOGが、自社内に何名ほど

在籍してるのでしょうか?彼らにも同様の繋がりがあるかもしれません。

採用活動ではなくビジネス上や共同研究などで、大学と繋がりがある社員が

もしかするといるかもしれません。そこから先生の紹介はしてもらえませんか?

責任感が強い採用担当者ほど、

「自分で何とかしなければいけない」

と考えますが、 人との繋がりは人数が多いほど増えます(当り前ですが)。

そして、OBOG繋がりのリソースは、社内に埋もれているケースを見かけます。

社員名簿を見直しながら、ここ数年に入社した若手社員にヒヤリングしたり、

一度研究室との関係性などのアンケートをとってみませんか?

その中で幾つか候補が出てくれば、あとは行動だけです。

あれほどもらえなかった合同説明会への参加パスが、一つの卒業研究から

簡単に手に入ることもあり、そこから採用につながったケースもあります。

大学訪問をとりあえず始めてみる前の社内における大学との繋がり探し。

日々の業務の中で比較的手つかずのケースが多いですが、

話題を持ちかけ、少し背中を押すことから

大学へのアプローチが始まったこともあります。

ぜひやってみて下さい。

我々のサービスはこちらから>>