採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

大学訪問は何のため?

当社が行っている新卒採用における施策の1つとして大学訪問があります。

新卒採用において「大学訪問」と聞くと、むしろ以前は当たり前のように

行われていたことであり、いまさら新しさを感じない経験豊富な採用担当者も

いるはずです。その一方で、ここ数年の間にスタートさせたり始めたばかりという企業もあります。

そんな新卒採用における大学訪問。改めて問いかけたいと思うのは、

「どんな目的で大学訪問をしているか?」ということです。

大学訪問と聞くと、求人情報を携えてのキャリアセンターへの訪問。

また、OBやOGのいた研究室の教授や後輩達に訪問し、そこで業界説明会

(会社説明会)などを行うことを思い浮かべる方が多いと思います。

そして恐らく、現在行われている大学訪問で実施されている多くのケースが、

この2つに該当するはずです。

一方で、大学訪問をする企業は増えてきており、訪問制限をかけている大学や、

キャリアセンターも企業の採用情報に対して(有名企業以外)平等な扱いを

とるため、差別化をしてもらうことは非常に困難になってきており、

単なる求人票の提出や、年1回程度のリクルーター活動だけでは、

なかなか効果を上げることは難しくなってきています。

(目的をどこに置いているかで変わってきますが)

恐らく、大学訪問の目的を「学内合説への参加」や「学生紹介」に置いている

企業は多いかと思いますが、むしろ目的を

「該当大学の学生との接触や採用に結び付けること」

に置き換え、

学内での信用度を上げること

学生との接触機会を創出すること

を行動目的にすることをお勧めします。

採用活動の中でも、大学訪問という行動はより営業色の濃い活動です。

学内には、現在選考している学生が持っている情報や繋がりがあります。

研究室によっては困っていることもあります。

大学訪問を採用活動と絡めることによって、

先輩からの後輩紹介が卒業生・内定者ともに徐々に増える。

大学職員(教授含む)から頂ける情報の質が変化する。

会社独自の学内イベントが開催できるようになる。

独自カリキュラムを授業に取り入れてもらえる。

など、様々なことに繋がっていきます。

もちろん、参加できる学内合説の増加や、

キャリアセンターや研究室からの学生紹介にもつながります。

折角の大学訪問の目的が「訪問」や「後輩達への説明」自体になっているのは

非常にもったいないです。

過去のコラムでもテーマにしている「大学訪問」ですが、

大学訪問を戦略的に行い継続していくことは、

新卒採用において「就活サイトだけに依存しない」「年度に縛られない」

採用手法としての側面があります。

通年採用が主流になる今後、益々会社の知名度や採用の持久力が求められます。

新たな一手を始めるなら今の内です。

我々のサービスはこちらから>>