採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

丸腰のOBOG訪問

学生のエントリールートが多様化してきた近年の新卒採用において、OBやOGによる大学訪問を行う企業が増えてきています。

訪問の順序としては、出身研究室を訪問して後輩達に企業紹介(3月以前は業界説明会)を実施。合わせてキャリアセンターを訪問してくるというルートが多いようです。

しかしOBOGによる訪問について、キャリアセンターで話を聞いた際こんな言葉を耳にしました。

「何しに来たのか本人が分かっていないんですよね。」

「とりあえず挨拶してこいと言われたみたいですよ。」

採用担当としては大学内におけるリファラル採用を目的として、出身大学や出身研究室へのOBOG訪問を実施させているにも関わらず、彼らに目的が伝わっていないことが意外にあるようです。

また、研究室の先生から後輩達に向けて社会人の先輩として企業や業界の話をしてほしいとお願いされても、及び腰になってしまい断っているケースもお聞きしました。

採用担当からすると、少しの時間でもよいので企業説明や日々の業務内容を伝えて来てほしい気持ちがあるはずです。しかし、その少しがなかなか出来ないのです。

大学や研究室に何が目的で訪問するのか?

研究室に行って何をしてきて欲しいのか?

そもそも何故やらなければいけないのか?

OBOG訪問に限らず若手社員に採用活動を手伝ってもらう時は、まず新卒採用のマーケットの話から始め、何をしてほしいのか(例えば説明会に誘導など)、どんな風に紹介するのか(企業の強みで何を伝えるか)、何を話して欲しいのか(雰囲気・仕事内容・キャリアップなど)、などを時間を取って(簡単なレターも渡します)説明しています。リファラル採用においての役目は、繋ぐこと(きっかけ作り)までで十分であり、選考以降は採用担当が実施しなければ難しいです。

余裕があれば初回訪問は採用担当と行い。フォローアップしながら進めると良いかもしれません。

先日、OBとして今年初めて大学訪問を行った(研究室とキャリアセンターを訪問)という方と話をする機会がありました。担当者からは大学に行くようにだけ言われていたとのことでしたので、採用担当はなぜ採用活動を手伝ってもらいたいのか?そして大学に行く目的と、そこで何をして欲しかったのかをお伝えしました。その時彼が口にしたのが「事前に言って欲しかったと」というセリフ。明らかに担当者の説明不足です。

たとえ行き先が出身大学や研究室であっても。
たとえ話す内容が自社の話であっても。
丸腰の状態で訪問するのはもったいないです。
時間がなければメールと電話でも構いませんので、
ぜひ一度打ち合わせの時間を作って欲しいです。

我々のサービスはこちらから>>