採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

紹介会社がほしい情報

昨今の採用マーケットでは、リファラル採用(という言葉だけのケースもあります)がブームになっており、自社内外での繋がりを使った採用に付か輪を入れる企業も増えてきています。しかし薬剤師の中途採用に関しては、まだまだ人材紹介会社経由で採用する割合が多くを占めており、紹介会社の集客能力と業界を熟知した担当者の知識は必要不可欠です。

薬剤師採用における人材紹介会社とのパートナーシップはいかがでしょうか?

今回は、薬局の紹介会社対応について考えてみたいと思います。

薬局の採用担当はプレイングマネージャー

薬剤師の採用担当は、現場勤務している薬剤師が兼任するケースもあり、更に薬局運営に携わっている方になれば就業中に電話で話すことが難しいことも多いです。当然問合せに対して対応できるタイミングも取りづらく、詳細を伝えることはなおさらです。「いい人がいたら紹介して」「募集要項はHPに出てるからそこを見て」調剤室や関係者からの問合せの合間に電話を受けているのであれば手短な対応になってしまいます。当然メールで連絡をとるケースも増えますので、求人票や店舗募集状況を事前に伝えたり送っておくことで、問合せの質や求職者対応のスピードも上がるはずです。

薬局の所在地と担当者の距離感覚

エリアをある程度絞って転職活動をするので、求職者である薬剤師の方は土地勘のある方が多いです。一方で紹介会社の担当者は必ずしも土地勘があるわけではないので、(エリアごとで担当がいて地域に強い担当者もおりますが)沿線に気を取られて距離的に近い店舗を見落としてしまう可能性もあるかもしれません。紹介会社の担当者向けの店舗マップや、最寄り駅や交通機関が記載している店舗一覧を事前に配布することでおおよその距離感を掴んで頂き機会損失に繋がるかもしれません。また、紹介会社の担当者と就業中の薬剤師は頻繁に電話で話すよりもメールで連絡をとるケースも多いので、作成したマップや店舗状況をそのまま見せてくれる可能性もあります。

心理的なハードルを下げる

採用基準を下げることではありません。応募しやすい環境を作るということです。当社では、紹介会社への広報と問合せ窓口の代行を行っていますが、一方で人材紹介事業も行っております。問い合わせる側の立場として考えると、候補者に紹介したい・しやすい会社だと思われるために環境を整えることは大切です。前出で紹介した店舗マップや募集状況一覧だけでなく、よくある質問のQ&A集を作って紹介会社に配信、候補者への説明資料にして頂いたり、会社の風土や職場環境を理解して頂く為に紹介会社向け説明会を開いたりなど。伝えやすい、共有しやすい情報とはどんなものか?これを突き詰めて考えています(採用活動と同じことですが)。 そしてもう1つ重要なのが紹介会社に「あの会社は相談しやすい」と思ってもらえる、気持ちの良い対応を心がけること。担当者も人間なので、こうした点も(意外と)問合せ数、マッチングアップに繋がる大事な要素だったりします。物理的にも心理的にも応募のハードルを下げることは重要です。

読みづらい地名が浸透した頃、少しは問合せ件数が変わるかもしれません。

我々のサービスはこちらから>>