採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

応募者に選ばれる採用

私たちは「応募者に会社は選ばれている」ということを念頭に置いて常に採用活動を行っています。特にいつの時代も強く「採用したい!」と思える優秀な応募者ほど、大抵他社の担当者も同じことを考えています。

会社説明会や選考の段階で、食い入るようにこちらの話を聞きながらメモを取り、熱心に質問をしてくれ「すごく感じが良かった」と帰った後にそう思わせてくれる。そんな学生や応募者がいると思いますが、それはイコールどこの会社でも同じように思われているはずです。

そんなライバルが沢山いるであろう中から、彼・彼女に選んでもらわなければならず、多くの質問をしてくるということは、すなわち選定されているということでもあります。応募の段階から会社もまた選ばれているのです。

新卒採用におけるインターンシップや会社説明会でのアンケート、そこからどれだけ学生側の情報を引き出せているでしょうか?そしてそれを基に、各採用フローにおいて応募者が本当に聞きたい・判断基準にしている事を自社からも提示できているでしょうか?オリジナルのメッセージや、会社としての強み、特徴的なサービス、福利厚生など、各社伝えたいコンテンツは沢山あると思いますが、学生によって情報の強弱や出し入れをコントロール出来ているでしょうか?

転職(退職)理由から本人の望むものや志向性が新卒に比べてはっきりしていることが多い中途採用では、一方的に面接をやるのではなく、応募者に対してしっかりと理解してもらえるように、より明確で十分な会社の情報を伝えるべきだと考えています。

紹介会社から上がる候補者がなかなかマッチしない場合も「欲しい層が振り向く、欲しい層に響く」情報が届いていない、あるいはコンサルタントの認識がズレている可能性が高いです(同じエンジニア募集でも業務システムエンジニアとアプリ開発エンジニアが違うなど)。

求人媒体での情報展開においても、欲しい層と実際の応募者層の関係を改めて見てみるとそこにズレがあるかもしれません。

自分たちが伝えたい情報と応募者がほしい情報をうまく摺合せていくのが採用担当者の腕の見せ所です。

ぜひ「自分たちも選ばれている」という意識で採用活動を振り返ってみてはいかがでしょうか?