採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

緊張しがちな学生にする質問

社会人と話す機会が少ない新卒採用の面接においては、

緊張感も加わり自身のことをしっかりと伝えることが

出来ない学生も少なくありません。

採用担当者は、面接という短い時間の中で、学生の本音や人柄を引き出し、

将来性や会社の社風に合うかを見極めていかなければなりません。

その中で、まずはクリアしておきたいのはこの2つでしょう。

相手の緊張をほぐす

会話のキャッチボールができるような状態にする

以上の2つをクリアしないと、緊張感で学生が本来の状態になりませんので、

本音や性格を見抜くことができません。人なりもわかりません。

そのため特に緊張の強い学生には、リラックスした状態になってもらうため、

定番の質問を入れてスタートしましょう。

志望動機

志望動機はどの企業・どの面接でも必ず聞かれる必須項目です。

そのため学生も必ず事前準備をしてきます。

ある程度事前準備が出来ていて、

答える準備が出来ている志望動機

緊張をほぐす第1歩となります。

緊張を解かないと本音を引き出すことができないので

面接の最初は事前に考えていると予想されるものを質問をしましょう。

自己紹介

こちらも事前に準備している可能性が高いです。

また、面接が進む中でこちらから助け船を出してあげたり、

話の糸口を探ったり広げたりするためにも、冒頭でネタをもらっておくことにもなります。

面接する側にとっても比較的便利な質問ですので、聞いておきて良いと思います。

大学時代に頑張ったこと

この質問も定番ですので、ある程度準備をしてきているはずです。

まずは話を一通りしてもらったうえで、話が終わったら広げてあげましょう。

話の広げ方のポイントとしては「それで何が得られたの?」ということに加え、

「私も○○さんと同じで〇〇していたよ!」などといった共感をすると、

学生も親近感をおぼえ、よりリラックスした状態で面接に臨めると思います。

相手の心を開かすうえで共感をすることは非常に大切です。

話が広がることで会話のキャッチボールの数が増え、面接者の受け答えの反応も見ることが出来ます。

トリッキーな質問

予期せぬ質問への対応力は、社会人において非常に重要な要素です。

トリッキーな質問は、対応力や臨機応変の能力がどの程度あるか、

またとっさに出る言葉や本音を垣間見られることができる質問ですが、

自分を食べ物に例えるとどんな食べ物ですか?

というような質問は、学生の緊張がある程度ほぐれた段階でしていきましょう。

まずは定番の質問で緊張をほぐし、

最後の方にトリッキーな質問を組み込むことによって

相手の本音を引き出すことができます。

とはいえ、緊張をほぐすことが最終的な目的ではないので、

その後はしっかりとジャッジしていきましょう。