採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

緊張しがちな応募者対応

面接が苦手な学生や応募者の面接

就活関連のセミナーなどで「就活における心配ごとや悩みごと」を

学生に質問すると多くの学生から共通して上がるのが、

「面接」という回答です。

就活関連のアンケートにおいても同様で、面接に対する心配や悩みは、

年度が変われど毎年上位にランキングします。中途採用も同様です。

面接が苦手で、緊張のあまり上手く話が出来ない応募者、

これまでの実績をしっかりと伝えられない応募者、

実力があるにも関わらず過小評価されてしまう応募種、

損しているケースが度々あります。

集団面接のケースでは、

比較対象がいるので余計に元気のなさが目立ちます。

 

授業への出席や態度も良く、発表の準備などはしっかりと出来るのですが、

いざ本番になると緊張して言葉が出なくなってしまう。

キャリアセンターの職員も研究室の先生も

「真面目な学生なのに・・・」と口を揃えて言います。

就職活動の終盤戦、

未内定者の中に毎年一定数いるのが、

こうした「面接が苦手な学生」。

 

一方、採用する側としても面接が苦手な応募者や学生対応は難しいものがあり、

コミュニケーション能力が低いと一律で判断しがちな方もいます。

しかし、ここは一括りにはせずに、選考で見極めなければなりません。

コミュニケーションは話術ではなく、お互いの価値観や考えを共有すること。

本当に会話のキャッチボールが出来ていないのか、

それとも緊張してスムーズに伝えられていないだけなのか、

そこを確認していくと評価は変わってくると思っています。

 

以前、中途採用で関わった応募者のケースをご紹介します。

 緊張しがちで口数が少なく、「コミュニケーション能力が低い」

不採用にされている応募者がいると、紹介会社の方からご連絡を頂きました。

非常に真面目でコツコツと仕事をやってきたようなのですが、

毎回その内容を伝えきれぬまま選考が終わってしまっているとのこと。

「早く答えなければいけない」という概念に襲われ、

焦るうちに益々上手く話せなくなっているようでした。

面接当日は、本人に「今日はゆっくり話してくれて大丈夫だから」と伝え、

じっくりと話を聞いたところ、真面目過ぎて要領が悪く、自己効力が低く、

アピールが苦手な性格なのがよく分かりました。

欲しい人材の要項で度々耳にする

「自ら問題点を見つけ、先頭に立って周りを巻き込み改善していくタイプ」

非常に魅力的で、社会人の中でも中々いないタイプです。

しかし組織には

「不器用ながらも地道にコツコツ積み上げること」が得意なタイプも必要です。

 

あれの面接から数年がたちました。

相変わらず先頭に立つようなタイプではないですが、

現場のリーダーをサポートしながら彼は今も頑張っています。  

面接が苦手な候補者にしていることを簡単にご紹介します。

メモを見て回答してもらう

緊張しがちな応募者(学生)は、質問や回答を準備してきているケースがあります。

そんな時は、そのメモを見ながら答えてもらいましょう。

「メモがある」という安心感から緊張が解けてくるので、

そこから深堀していきましょう。

想定している質問をしてあげる

絶対に準備しているだろう質問をまずは投げるところから、

面接をスタートさせます。※下記ブログ参照

積極的にアイスブレークする

共通点のある担当者が選考に関わるなど、

頻繁に(特に序盤)アイスブレークを入れるなどして、

緊張感を和らげるような環境をこちらで準備しておきます。

事前に安心感を与える

新卒採用において、大学や研究室などから紹介され、応募者が緊張しがちな

ことが事前に分かっているケースがあります。その際は、説明会段階から

1対1の状態で話やすい、質問しやすい状態にして対応します。

 

当たり前の対応ではありますが、ご参考にして頂ければ幸いです。