採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

ビジョンとカルチャーは大事

採用活動を行う中で、守りたいことや、大切にしていること

幾つか持っていらっしゃるかと思います。

あくまで個人的な見解になってしますのですが、その1つに

ビジョンとカルチャーを大切にする!

ということがあります。

いわゆる理念とか文化になるのですが、なぜ大事かというと

変わらないからです。

簡単に説明すると、

店舗など現場がある職場や、資格職の採用活動で度々見かける

「シフトを埋める採用」

「資格を取る採用」

がこれに該当します。

時間や資格、もしくは経験の重要視。

もちろん足りない部分の採用なので、大事といえば大事なのですが、

スキルやシフトなどは不変の物ではなく、何時変わるか分かりません。

遅番や早番はいずれ充足しますし、営業形態が変わる可能性だってあります。

そして経験や資格なども、持っている人を探せば沢山います。

そこよりも重要視したいと思うのが、

企業のビジョンと同じ方向を見ている人

同じ空気感を出したり文化を持っているような人

お客様第一主義なのか?

とにかく売上を伸ばしていきたいのか?

スピードを重要視するのか?

非常に極端な書き方ではありますが、営業戦略に置き換えても、

ビジョンが同じであれば、

大切にしていることが同じならば、

この先業種が変わったとしても、商品やサービスが変わったとしても

そこはぶれないはずです。

入社後何かのタイミングで、お互いにやり方(戦略)が異なった場合でも、

ビジョンが同じであればやり方を変えれば良い話であり、今回は方針が異なり

ぶつかりましたが、基本的な考え方(根っこ)は同じ同志です。

しかし、今回はやり方が合っていたとしても、基本的な考え方や向かう先が

異なる場合は、いずれどこか道が別れるはずです。

新しく採用した人に何となく違和感を感じたことはないでしょうか?

「うちらしくない社員」「うちらしくない雰囲気」

決定的な何か。

ではなく、ふとした言葉遣いや仕草や行動に受ける言いようのない違和感。

そしてそのまま採用した後、比較的早い段階で退職したり問題を起こしたり。

恐らくその違和感は間違っていなかったのでしょう。

これまでの環境では優秀だったかもしれませんが、組織においてやり方や、

考え方は異なります。まだどこの文化も入っていない新卒採用の方が、

企業文化を浸透させやすいのはこのためです。

出来るだけ本人の大切にしていることを聞き出し、

ビジョンやカルチャーが近い人の採用を心がけたいものです。

転職や就職の世界でもよく聞きますが、

「何をやるかより誰とやるか」ですね。