採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

パーソナリティーを活かす

採用活動をするうえで「会社の強みや特徴」「教育体制や雰囲気(イベントなど含め)」「先輩情報」などに関わるコンテンツは様々な形や表現方法を使いながら活かしているものの、案外使い切れていない(ご本人が気づいていないのかもしれません)、勿体ないと感じるのが「採用担当者自身の強み」です。

なぜ入社したのかという質問への回答として度々見かける「採用担当者が良い人だった」というものとは異なります。(むしろ選考過程の中で様々な会社情報が伝わっているはずにも関わらず担当者の話がメインで出て来ることが危険です。会社の魅力が伝わっていないのかもしれません)また「キャリアアップのモデルケース」「魅力的な先輩」など社員のエビデンスとして登場することとも異なります。

こちらは外部に出す強みではなく、採用活動をする中で使える採用担当者自身の強みのことです。

学生に関する本当に欲しい情報(聞きづらいことや直接聞けないこと)をやり取りの中で取得することが出来るタイプ。学生自身が結婚や恋人のこと家族構成などを話してくるので、勤務地やオヤカクの必要性などが見えてきます。

どんなタイプの学生でも高い親和性を保ち関係構築が出来るタイプ。学生の方から友達や後輩を紹介してくれたり、研究室や教授とのパイプづくりにも協力してくれたりします。

社内において圧倒的な人気を誇るタイプ。他部署に対して採用活動への協力要請をした際、社内の人間が好意的にかつ積極的に協力してくれる。

社内異動も多く様々な部署を経験しているタイプ。学生に対して同じ話をしていても、圧倒的な臨場感で伝えることが出来ます。

新卒入社ではない転職組。他業界を希望する学生に対して他業界との違いや、外からみた自社について伝えることが出ま来す。

採用代行という業務上、1つのクライアントと長くお付き合いさせて頂くケースが多いので、社内において多くの方とお会いし、共に動きお話しさせて頂くことも増えます。採用担当者の方々や他部署で活動に参加してくれる社員の方、個々のパーソナリティーや社内における業務や経歴も分かってきます。その中で、「この人ならもっと社内で協力をお願いできるのに」「フォローアップの中でもっと動いた方がいいのに」「このタイプ(シーン)にはこの人が対応するべき」など、感じることも多々ありお伝えしています。

それぞれのパーソナリティを活かすことで、採用活動が益々良くなっていくはずです。