採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

見立てる程度がちょうどいい

採用に携わる現場で時々耳にするセリフに、

「これまで多くの人の面接をしてきたので、
だいたい第一印象でどんな人かわかるんですよね。」

「一目見たら大体どんな人なのか分かっちゃうんですよ。」

「獲る獲らないは会った瞬間に決めてますね。」

というような

“人を見る目は肥えています

というような、ある種の私は面接のプロです的な発言があります。

聞いたことありませんか?

結論から言うとあまり信用してません。

たしかにビジネス経験や営業経験が長い方の中には、

少し話すだけで、背景や性格を大体把握してしまう方もいると思います。

しかしこの種の発言を積極的にしている人は、

組織の中でも比較的上の方が、自分より下に向けて発言していたり、

その方の選考から応募者の辞退だったり、入社後に早期退職されている

ケースも見かけます。

個人的な意見ですが、反対意見を言える人間が少ない状況の中で、発言自体が

既に上から目線になっており、採用というお客様窓口の役目をする人間として

非常によくない環境を形成しています。

特に最近の若者や学生は発言だけでなく、しっかりとこちらの対応も

チェックしていることが多いので、こちらの言動には敏感です。

優秀であればあるほど冷静に見ており、SNSでの情報拡散も怖いです。

そもそも面接の場は互いの価値観を確認する場所なので、

会ってすぐに判断できるという発言は、

「第一印象からバイアス全開!」

と宣言しているようなものです。

ああいうタイプは、周りと上手く関係が作れないケースが多い。

前に似たような社員がいたが、すぐに辞めてしまった。

第一印象で受けた、その思い込みに流されてしまうことによって、

貴重な部分を確認しないままに面接が終わってしまう可能性もあるのです。

とはいえ、個人的にもキャリアシートや履歴書を見る段階で、

「こんな感じでこんな感じの人かな?」と思うことは多々あります。

そしてその中で、モヤモヤした部分を一つ一つ面接で確認していっているので、

恐らく心の中での第一印象は同じなのでしょう。

私自身もバイアスが発生していることを意識しているので、

あくまで「見立てる」という感覚を忘れないよう心がけています。

当初抱いた印象に、そのまま流されてはいけないと・・・。

採用活動は営業活動でありサービス業です。

「選んであげている」と思っている時点で、選んでもらえません。

そして、ステレオタイプと嘆く前に、こちらも思われている可能性も

考えてみないといけないかもしれません。

我々のサービスはこちらから>>