採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

大手志向と安定志向

「最近の若者は・・・」

その後に続く言葉は人それぞれ異なると思います。

長きに渡り、気が付くと継承されてきた日本の伝統的な言葉です。

個人的な考えで、これに続く言葉を言うならば、

最近の学生(若者)は真面目で、そして大変だと思っています。

パソコンもインターネットもなかった一昔前は、

新しい情報を知っているだけで一歩先を行っているような時代でした。

しかし現在、情報収集に関しては容易に出来てしまう時代であり、

情報その物に関しての価値よりも、素早い処理能力や応用力が求められます。

恐る恐るパソコンの電源を入れ、人差し指でキーボードを叩くような人間が

多数だった頃に比べ、パソコンを駆使しデータを扱いレポート作成する学生。
(スマホが一般的になった昨今の学生は、再びPC能力が落ちているという話も一部では聞きますが。)

今回は、そんな最近の若者関連の話題、

「最近の就活生の傾向」として、度々語られる以下の都市伝説についてです。
(前振りが長い割にほぼ関係ないですが・・・)

就活における安定志向と大手志向の話

良く聞く言葉だと思います。

「最近の若者は安定志向だよね」

「近頃の学生は、みんな大手志向だから」

それぞれ解説していきます。

学生の安定志向

就活生の安定志向に関してはその通りです。

上昇志向よりも安定志向が強い傾向は、90年代に比べて増加しています。

長く続いた不況や、今や過去となったリーマンショックの話を聞いたり、

それを知っている両親からの話を参考にしていることも大きいと思います。
(最近の学生は両親の影響を大きく受けるので。)

様々な情報を聞く中で、安定的に働けることに魅力を感じているのでしょう。

安定というキーワードを聞くと公務員志向という言葉を思い出しますが、

この傾向は景況感により変化する印象です。

一方、昔に比べて転職市場は活発になっているのですが、

こちらは終身雇用という日本の労働市場におけるデフォルトから、

少しづつではあるものの脱却している傾向でしょう。

とにかく安定的に働きたいという傾向は強いです。

 

学生の大手志向

学生の大手志向というのは、あくまでイメージの部分が大きいです。

ここ十数年に関して言うと、企業規模に対する意識というのは、

世代間によってそれほど変わりはなくどの世代も50%前後です。

当然のことながら就活生は企業名を知りません。
(業種区分を理解していないこともあります。)

そのため、口から出てくる企業名が大手企業に偏るのは当然です。

むしろ「大手志向」という言葉やそれに纏わる数字に関しては、

大人たちの功罪も大きいような気がします。

イベントも集客のために「誰でも知っている会社名」を大きく記載しますし、

大手企業に就職してほしい大人が周りに多ければ多いほど、

その学生は大手志向になるはずです。

以上簡単にまとめてみましたが、結論から言えば

学生は安定志向だが決して大手志向ではない

といったところでしょうか。

とは言え、なかなか中小の優良企業を見つけるのは難しいですが。

我々のサービスはこちらから>>