採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

新卒採用のメリット

「なぜ新卒採用をするのか?」

新卒採用の業務に携わり始めた頃に、聞かれた質問です。

新卒採用を行うメリット

今さらの話になるかもしれませんが、

今回は、これまで聞いたことや感じたことなどから、

新卒採用の意義、意味を改めて考えてみたいと思います。

 

採用活動にはブランディングの意味もある

成功した年・上手くいかなかった年、成果は年度によって異なりますが、

新卒採用は年度での採用結果云々は抜きにしても、

沢山の学生達に対して企業の名前やサービスを知ってもらうチャンスです。

店舗運営を行っている企業、アプリなどのサービスを行っている企業、

BtoBで圧倒的なシェアを誇る企業。

新卒採用は広報活動の一環にもなってくるのです。

そして、正しい(意図した)企業イメージや業界認知を浸透させることで、

新卒で出逢った学生が、この先中途採用のタイミングで 戻って来てくれる

という可能性も出てきます。

 

未来のビジネスパートナーや顧客開拓

このタイミングで社名やサービスを認知してもらうことで、

あの時出逢った学生が、御社の技術を必要とする日が来るかもしれません。

勤務先の近くに御社の店舗があるかもしれません。

困った時に、御社の提供するアプリを思い出すかもしれません。

昨日説明会に参加した学生は、未来のクライアントです。

インターンシップにおいて行った、自社サービスを提供する就業体験が

サービス認知に繋がるケースもありますし、先輩社員との座談会を

自社が運営する店舗において実施する会社もあります。

 

採用活動を通じて会社を見つめなおす機会

やりたいことや希望に溢れ入社した社員もいつの間にか日常に慣れてしまい、

気が付くと会社の愚痴を言っていたりします。

「御社の良いところ」を発見するなど企業研究に勤しんでいたはずなのに、

いつのまにか「自社の悪いところ」を指摘するようになります。

このタイミングでもう一度会社を見つめ直しましょう。

採用活動を通して、企業と深く関わることが多い立場から言うと、

良いところをアピールできていないケースが非常に多いです。

 

新人を育てる文化を形成する」

これまで新入社員が入社しても、あまり興味を示さなかった若手社員も

新卒採用に携わることで「あの後輩の採用に関わった」

という意識が芽生えます。

今まで声を掛けなかったようなケースでも、率先して声掛けを行うなど、

面倒を見る文化が形成され、結果的に離職防止にもつながっていきます。

 

自身を見つめ直して自信を取り戻す

後輩が入社するとその指導の中で色々と頼られることも多く、

それがモチベーションの向上にもつながります。

また「教える」という行為をすることは、自分自身の業務内容、仕事効率、

成果を振り返るきっかけにもなります。

 

教育システムを効率的に作ることができる

新卒採用の場合、複数名が同時期に入社してくるので、

中途に比べると骨格はつくりやすいでしょう。

事業計画がたてやすい(人員構成を調整できる)

特定の時期にある程度の人数が確保出来るので、組織編制など事業計画が立て

やすく、教育システムに関しても中途採用に比べて骨格が作りやすいはずです。

  

精神的に優しい

シフト制を用いているような業態の場合。

どこかのタイミングで、ある程度の人員増加が見込めると思えるだけで、

精神的にもゆとりが出来ます。「そこまでは頑張ろう」と・・・。

採用支援で携わることが多い薬剤師採用は、年明けから始まる繁忙期の先に、

入社が確定している薬学生がいると思えるだけで、精神面も違ってきます。

 

なぜ新卒採用を行うのか?

新卒採用を行うメリットを、ここまで書いてきました。

新卒採用だけでなく、中途採用に共通する項目もありましたが、

こんな所でしょうか?

「新卒が入ると活気が出る!」なんて声もあります。

他にも色々あるとおっしゃる方もいるかと思いますが、それは教えて下さい。

新卒採用を担当するようになった、関わることになった、

そんな方で、「なぜ新卒採用をするのか?」

そう質問されたら、参考にしてみて下さい。

我々のサービスはこちらから>>