採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

保育士必見!【年齢別】保育園でおすすめ室内遊び7選

雨の日や極端に寒い日、暑い日はどうしても室内遊びが増えますよね?

今回は、保育園で室内遊びする際に、おすすめの遊びやレクレーションを紹介します。

年齢別にわけて紹介するので、ご自身の受け持ちクラスの年齢に合った遊びを

取り入れてみてください。

0~1歳児おすすめ室内遊び

0歳~1歳は、赤ちゃんの機嫌や様子を見ながら、触れ合いや声掛けを中心に、

無理のない範囲で行うのがポイントです。

・いないいないばぁ

保育士が「いないいない」と言いながら手で顔を覆い「ばぁ」と顔を出す遊び。

いろんな顔や声色を変えてバリエーションをつけましょう。

・たかいたかい

座った状態または立った状態で行います。胸の位置で赤ちゃんを抱っこし、

そこから赤ちゃんを上にあげます。

首すわりの完了や赤ちゃんの様子を見ながら、怖がらない範囲で行いましょう。

・ボウリングごっこ

ペットボトルのピンを、やわらかいボールで倒す遊び。月齢が幼いほど難しいの

で、初めはピンのそばからスタートするのがコツ。新聞紙を丸めたものをボール

にしたり、牛乳パックをピンに見立てたりしてもOK

2~3歳児のおすすめ室内遊び

2~3歳は見立て遊びができる年齢。保育士が一方的に相手をするのではなく、

子どもたち一人ひとりに役割を与えると、自発的に遊びに参加します。

・お店屋さんごっこ

新聞紙や粘土でケーキやサンドイッチをつくり、お店屋さんとお客さんに分かれ

て遊びます。買い物かごや袋など、小物が多いほどリアリティがでます。

・お風呂ごっこ

大きな段ボールを湯船に見立てて、お風呂に入る真似事をする遊び。

ペットボトルでシャワーを作ったり、積み木をせっけんに見立てたりするなど、

保育園に普段あるものを見立てて遊びます。

4~5歳児のおすすめ室内遊び

年中、年長になってくると、クラス単位で大きな遊びをすることも可能に。

年少以下の時よりも複雑なルールがある遊びもできるようになります。

・フルーツバスケット

1.大きな円を作り、椅子に座ります。椅子は参加人数より一人分減らしておきます。

2.園児は頭にフルーツの絵が乗った帽子をかぶります。フルーツの絵は3~5個がベスト。

3.最初のリーダーを一人決め、リーダーが「桃の人」「いちごのひと」とコール

4.リーダーがコールしたフルーツの帽子をかぶった人は、

立ち上がり空いている椅子をみつけて座ります

5.座れなかった一人が次のリーダーをし、コールをします

・宝探しゲーム

1.保育士が教室内にいくつか宝物(ボールなどでも可)を隠しておきます。

2.園児たちは制限時間内に宝物をすべて見つけます

3.慣れてきたら園児を2チームに分け、宝物を隠すチームと見つけるチームに分けて遊ぶのもOK。

年齢にあった室内遊びで雨の日も楽しく遊ぼう!

この記事では、0~5歳までのおすすめ室内遊びを紹介しました。

年齢にあった室内遊びをすることで、意欲的に遊びに参加できます。

外遊びができない日も、工夫次第で楽しく遊べますので、保育士の方は

ぜひやってみて下さい。

我々のサービスはこちらから>>