採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

新卒採用の面接における質問3選とその意味

今回は新卒採用における

「よくある面接時の質問3選とその意味」

についてまとめました。どのような意図で面接官が質問しているのかを理解して、面接突破の糸口にして頂ければ幸いです。

■弊社の志望動機を教えてください。

『なぜ応募したのか・・・』これは純粋に面接官が気になるところです。

この質問をすることで、応募者がどのぐらい企業研究をしているのかを把握することができます。例えば会社に関する具体的なキーワードが全くでてこず、「グローバル」、「成長」、「福利厚生が良い」などどの企業の志願理由でも使えそうなキーワードばかり使っていると、本当に会社のことを良く調べてきているのか、入社意欲が低いのではと面接官が感じる可能性があるので注意が必要です。面接官によっては「グローバル」というキーワードを用いた志願理由の場合、

「弊社は何ヶ国に事業展開していますか」

など企業研究がしっかりできているかの確認の意味を込めた追加質問をする場合もあるので、事前にしっかり企業研究を行いましょう。

■今迄一番頑張って取り組んだこと挑戦したことは何ですか?

たくさん頑張ってきたこと/挑戦したことの中で、一番頑張ったことを選ぶのは応募者の価値観が大きく反映されます。

よってこの質問をすることで応募者の価値観、考え方を知ることができます。そして、どのように頑張りどんな成果を出したかを具体的なエピソードを通して知ることで、その経験を通して身につけたスキルや、周囲との関係性や人間力なども把握することができます。その話を聞く中で、入社後の仕事に置き換え、実際の現場でも頑張っていけそうなのかイメージしながら採点をしています。

■サークルでの経験アルバイト経験について教えてください。

一部の専門職等を除き、働く上でのコミュニケーションスキルや、チームワークは欠かせません。サークルやアルバイト経験について尋ねることで、サークル内や、アルバイト先でどのように他者とコミュニケーションをとってきたのか、そしてチームで取り組む際にどのような立場になることが多かったのかを知ることができます。

必ずしもリーダー経験がなくとも心配ありません。チームで働く上で必要なのはリーダー的ポジションだけではなく、サポート役も不可欠であることは面接官も重々承知しています。よって無理にリーダー経験について語るのではなく、ありのままのご自身の立ち位置を率直に話せば良いのです。面接官が知りたいのはどんなサークルやアルバイトをしていたかや、実績よりも、属している(属していた)コミュニティーの中での関係構築能力や、チームワークで取り組んだ経験です。自分自身を振り返り、もしサークルやアルバイト経験がない場合は、授業で仲間と共に取り組んだ経験など、集団と何かをやり遂げたことや、取り組んだことを話しても良いでしょう。

以上、「よくある面接時の質問3選とその意味」についてでした。

この3選はどの企業の面接でも必ず聞かれると言っても過言ではありません。必ず質問の意図をよく理解した上で、しっかり準備をして面接を受けるようにしましょう。

最後に面接は時間が限られている中で自身を最大限アピールする場です。どの質問にも面接官に、分かりやすく簡潔に伝えることを心掛けて下さい。

我々のサービスはこちらから>>