採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

採用の重要度や意識が高い会社

色々と企業の採用を見る中で、この会社は採用力があると感じたり、
採用が上手くいくだろうなと思う会社の特徴をいくつか紹介したいと思います。

今回は

採用活動の重要度が高い会社、
採用活動への意識が高い会社です。

簡単に言うと、

採用活動を社内において、どれだけ大事なことと捉えているかです。

例えば、社長など上層部が採用活動を大切だと考えていたり、採用活動の先頭に立っていたり、旗頭になっている会社。こういった会社は強いはずです。

なぜか?

意思決定

会社の規模にもよりますが、意思決定が速ければ早々に内定を出して、応募者を囲い込むことができます。逆に担当者が上長に確認を取ったり、検討している期間が長ければ面接前に逃げられてしまいます。

採用予算

もちろん知恵を絞ればある程度は戦えると思いますが、広告展開や、打てる手が多いに越したことはありません。少なくとも採用市場を理解せずに予算を削ったり、採用が難しいのでストップさせたりをすれば、採用力は上がらずに担当者以下のモチベーションが下がります。

採用担当者

応募者に向けた最前線のポジションなので、採用が大切だと思っていれば、採用担当にデキる人材を配置します。社内においてのリレーションや、応募者へのアプローチなど様々な部分で採用力が上がっていきます。

会社のビジョンが伝わる

新卒採用で見かけますが、HPや会社案内、会社説明のスライドなどで語られる企業のビジョンや未来の話も、実際に社長が登壇しての話には勝てません。

最後に

他にも様々な事が出てくると思いますが、会社が採用を重要な活動と捉えていることに、マイナスはないはずです。

採用の重要性を知ってもらうために、株主総会で配布される資料の最初に、採用に関する事項が記載されている会社の話を聞いたことがあります。会社がGOを出していれば採用チームや担当者も動きやすいはずです。

社内で社長が採用に関して声掛けを徹底していることで、若手社員も採用活動の意識が芽生え、それがリファラル採用に繋がっている企業もあります。反対に重要度の低い会社は、担当者一人が情熱を持っていようが、企業ミッションで採用を掲げている会社に比べると劣ります。

予算面もそうですが、採用に対しての意識も低いので、会社全体で採用活動をしているという意識を感じられません。

極端な例になりますが、新卒の説明会や中途面接を自社で行っている際、採用と関係のない社員が求職者に挨拶をしないような会社。活動を意識しない行動をとっているケースなど。(求職者がいるのに大きな声で世間話をしたりなど)

簡単にやれそうなことですが、出来ていないケースもあります。採用担当者の一人相撲になっているケースは見てて悲しいです。もちろんそこ以外の部分で工夫して、採用活動を成功に導いている企業もあるかと思いますが、採用意識や重要度が高い企業は基本が強いはずです。

我々のサービスはこちらから>>