採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

採用はチームワークだ!

採用力の強い会社の特徴。

上げて行くといくつかあるのですが、その一つに、

チームワークがとれている会社

という項目があります。

採用チーム内、採用に携わるメンバー内において、

情報共有が出来ているか?ということです。

様々な採用の現場に携わらせて頂いたり、話をお聞きする中で、

採用チーム内だけでなく、採用に携わる社員間で連携が取れている。

こういったケースには「採用強いな」「採用力が高いな」と感じます。

採用チームのメンバー同士が補いながら動けていることは勿論ですが、

重要なのは

情報共有出来ているか?

採用活動は一人で行うものではないので、求職者情報や採用に関わる情報を

採用チーム全体で共有出来ていることに、何のデメリットもありません。

〇〇大学に繋がりのある社員がいる。

求職者と同じような背景やキャリアの社員がいる。

この応募者は〇〇の後輩、○○の先輩という関係性。

地元が一緒という地域性など。

物によっては、採用の可否に大きく関わるような情報もあります。

また、今回は直接使わなかった情報だったととしても、採用活動のブラッシュ

アップやコンテンツの追加に使えたり、採用情報の見直しにもなります。

逆に情報共有出来ていない事は、求職者に不安を与える可能性もあります。(新卒採用の場合、学生は勝手に風通しが悪いと判断するかもしれません)

イベントで着座した学生の立場になった際、後日参加した説明会で、

採用担当者がその日の事を覚えていたり、説明会で懸念していた内容を

選考の場面で別担当がバックしてくれたら風通しの良さを感じます。

中途採用においても、チームワークの大切さを感じた場面は多々あります。

採用担当が自分一人しかいない場合でも、チームワークは重要です。

むしろ一人だからこそ、大切かもしれません。

別部署に埋もれている社内リソースを採用に活かせるケースも多々あります。

チームワークがなければ、その武器を活かせぬまま一人だけの戦いが

今後も続いていくことになります。

採用活動における情報共有は最低限の実施事項です。

採用予算や、会社がどこまで採用活動を重要と位置付けているかという項目に比べて、

心掛けで改善できる項目です

採用したい人材と言う質問などで、度々語られるセリフ

「周りを巻き込んで主体的に動ける人」

採用担当者自身にも問われています。

採用担当者が、社内で人気のある人物だと周りが協力的になるので、

情報が自然に集まったり、現場が協力的にしてくれます。

まさに情報共有のプラットフォームが勝手に形成されていたりします。

隣の人と今日は話しましたか?

我々のサービスはこちらから>>