採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

「業界に強い」を一度忘れる

リクナビやマイナビといった就活サイトの掲載や、会社案内のパンフレットなど採用ツールの作成において、社員インタビューや写真撮影をライターやカメラマンに依頼するケースはよくあります。その際度々耳にする言葉が、

「〇〇業界、〇〇(職種)の取材経験がある(多い)方」
「〇〇業界、〇〇(職種)に強い方」

といったその業界や、職種の取材慣れしている方に当日来て欲しいという希望。

取材当日は基本的に業務時間内で行うことが多いためタイトスケジュールになります。その貴重な時間において、現在その業界で働く人や、今後その業界に携わるであろう人(応募者)にとって当たり前過ぎることや、あえて深堀りする必要のないこと、話を膨らませても興味を持つコンテンツではないようなことに取材時間を使ってしまうのは非常に勿体無いです。そのため、業界に詳しいライターの方が取材は順調に進むはずです。またカメラマンにおいても、その職種におけるカットイメージを共有するにあたって経験のある(多い)方の方が話が早く、現場における撮影対象への指示もスムーズにいきます。

しかしその一方で、集合型の求人サイトへの掲載時には、画一的になってしまう印象もあります。ライターやカメラマンが固定イメージを持っていることもありますが、何より採用担当者も日常から同業他社のツールやサイトをチェックしているだけに、「よく見るカット」や「よくある内容」に引っ張られているような、いわゆる「社名を変えればどこでも使えるもの」になってしまっていることがあります。

そんな時はあえて「業界の当たり前を知らない観点」を入れることで、 新しい表現方法や、違いのあるものに仕上がるかもしれません。この職種ではあまりないカットや見たことのない表現などが、マンネリ化していた中に加わるかもしれません。

取材における「当たり前すぎる質問」や業界的な「非常識や、やりすぎ」 などに対する心配もあるかもしれませんが、そこは事前のすり合わせで方向性を決めたり、イメージを共有したりするなどして下さい。そして当日は採用担当が立ち会うことで、上手く舵取りをしながらチェックできるはずです。一度試してみてはいかがでしょうか?

我々のサービスはこちらから>>