採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

スマホ世代の就職活動

新卒採用含め20代の若い層の応募者対応をしている中で、時代の移り変わりに「ハッ」とさせられる場面が多々あります。

採用担当の仕事としては、学生のあたり前を改めると共に社会人の常識を伝えつつ、彼らをジャッジしなければなりませんが、我々は若手採用においては彼ら(時代)の変化に気づき、背景を理解しながら順応する必要も大切ではないかと考えています。

その中で今回お伝えしたいのが「メールの文面」「連絡のやり取り」についてです。

今の若者はLINEをはじめとしたチャット形式のコミュニケーションを、PCよりもスマホで行っているのが基本です。かつてはメールを使用してのやり取りをしていたサービスや問い合わせなども、メッセージアプリやチャットボット形式になっているものが増えています。

そうした文化の中で生活している彼らにとっては、短文でのやりとりが主流になっているので、我々がビジネスで使用しているメールの文面と比べるとだいぶスッキリ(ある意味アッサリ)とした文面での返信を見かけます。そんな端的な内容での返信は社会人にとって「ドライ」「失礼」「常識がない」という印象に映り、知らず知らずのうちに選考のジャッジに影響させているかもしれません。

しかし面接前の応募者への評価を、メールの挨拶表現で先入観を持って評価してしまうのは非常に勿体ないです。

もちろん就活における社会人とのやり取りなので礼儀やマナーを持たなければならず、事前に意識しなければいけないのですが、教えて直せるのようなものであればそれほどマイナスには捉えず、「直せる所と直せない所」は面接で判断すればよいと思います。事実、端的なメールでのやり取りだった応募者が、実際に会うと非常に丁寧だったようなことも珍しくありません。

メールが全盛だった少し前の就活、学生は普段自分が登録されている友人への連絡が主だったので、採用担当に差出人が書かれていないメールが届くことも度々ありました。だからといって彼らが優秀でなかったかと言えばそうではありません。

採用活動においてジェネレーションギャップを感じた時は、本人の問題なのか?時代なのか?しっかりと理解して対応するように心がけています。

ちなみにチャット型のやり取りはタイムリーで用件が端的かつ明確でわかりやすい側面もあるので、その利便性の高さから、社内でビジネスチャットを使うケースも出てきています。ぜひ一度使ってみて下さい。

我々のサービスはこちらから>>