採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

求人サイトを企業側も使いたおす

求人サイトには求人広告を掲載する媒体としての役目だけではなく、応募受付管理や自動返信機能、登録者へのスカウト機能など様々なオプションがあります。

現在出稿している求人サイト、採用担当者様はどこまで使いこなしていますか?

私たちがお客様のサイト利用状況を伺い管理画面を確認させて頂くと、十分に活用されていなかったり、そう言った機能があったのをご存じないと回答されることもしばしばあります。求人サイトは企業側の管理画面機能が年々充実してきており、採用活動においてそれらを使わないのは非常に勿体ないです。

これまで個別にメールを送ったり、わざわざ検索を幾つも繰り返して応募者や学生を抽出したり、Excelで属性分けしたりなど煩雑だった業務も、各機能を使いこなすことで業務の効率化を図れますし、応募者データを属性や進捗ごとに整理して細かな対策も打てます。

その都度社内で共有・確認していた進捗状況も、管理画面上で履歴を残すことで情報共有もスムーズに行えます。

せっかく集めた母集団に関しても、全応募者情報を一括ダウンロードして管理することで、先々の中途・第二新卒採用の場面で呼び込む母集団候補に蓄積も見込めたり、活用方法は沢山あります。

リファラル採用や専門職種や属性に特化した求人サービスなど年々母集団形成のやり方がが多様化してきている採用マーケットですが、Webを使っての募集・戦略はまだまだ主流であり今後も続くため、多くの職種と同様にWebマーケティングの能力が採用担当者に求められてきています。

求人サイト上における自社ページへのアクセス状況や、エントリー状況が把握出来てくると「他社事例がほしい」「この属性にアプローチするにはどんな手が考えられるか」「なぜ同業はエントリー数がここまで伸びているのか?」など、欲しい情報が明確になるので、求人サイトの営業担当と踏み込んだ話をすることが出来ます。

せっかくある程度の広告費を使い出稿している求人サイトなのですから使えるものは使い倒すことをオススメします。