採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

知りたいことはそれぞれ違う

新卒採用では応募者だけでない、様々な立場の方に対して情報展開する場面があるので、相手によって伝え方や内容も変化させなければいけません。

説明会での質問を例にすると、学生からは「具体的な仕事の内容」「研修制度や先輩情報」など比較的近い将来に対する質問が多いですが、キャリアセンターや学科の就職担当においては、給与面や離職率、産休育休や勤務地など待遇面に関する質問をされることが多いです。そして比較的キャリア関連の担当としての経験が浅い方の方が、この傾向が強い印象を受けます(採用や就活に関しての情報量や企業比較する基準がまだ少ないからなのかもしれません)。また保護者に関しては就活や採用の情報量は更に少なく、親という立場上、基準が待遇面や知名度などに偏りがちで大手や知っている会社の方が安全という方も多いです。ご自身が就職活動をしてきた時代と比較する傾向もあります。

説明会など企業紹介するシーンで伝えていることです。

学生には具体性と夢

具体的な仕事内容などは分かりやすく伝える必要があります。特に日頃当り前のように使用している言葉も、彼らは誤った認識で理解していたり全く伝わっていない可能性もあります。また最近の学生は情報量よりも正確で具体的な情報を求めているので、各社先輩情報を準備し、先輩を登場させてエビデンスを提示することが彼らの安心感につながっていきます。「こんなことが出来る、こんな自分になれる」という夢のある話や、先輩の成長ストーリーを伝える一方、安心感を求める学生も非常に多いので、そこは研修や先輩からのフォロー体制などを具体的に伝えています。

数字的な安心感

キャリアセンター(保護者も)に対しても安心感を伝えることが多いですが、学生に伝える時とは異なり、事業の安定性や業界全体の今後、収益モデルや長く働くためのキャリアステップなどを安心材料として伝えるようにしています。また、キャリアセンターでは大学内の就職関連の数字をまとめるため、 離職率や平均年齢など数字を求められることもあるので、そこは準備するようにしています。

他にも理系の研究室などでは、収益や事業モデルよりもより詳細な仕事内容や専門的な業務について聞かれることもあるので、若干意識して資料や伝える内容は準備しています。

保護者への情報展開

難しいのは保護者への情報展開の方法です。直接話をするケースというのはほとんどないので、保護者向けの資料を作成し(学生に渡してもらう)、そこで保護者の方向けの情報展開をしたり、保護者向けの会社案内を作成するというケースもあります。また実家に住んでいる学生も多いので、年賀状など家族の目に触れやすい物で「しっかりした会社」という印象与えるものでも良いと思います。

採用資料で説明すると

長々と書きましたが採用資料を例にして簡単に説明すると、学生たちは「先輩情報などのページに興味を持ちますが、保護者の方や大学関係者など学生の周りにいる所謂大人たちは、企業規模や福利厚生などのページや求人票の項目自体をしっかりとチェックする」そんなイメージになります。

自社の魅力や強みは沢山あると思いますが、なるべくシンプルに欲しい相手に欲しい情報を優先的に伝えるよう心掛けています。