採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

採用ツールの切り替え時

会社ホームページやパンフレットとは別に採用専用のツールを別に用意していらっしゃる会社様は多いと思います。そのツール、どれくらいの頻度で更新していますか?本日は「ツールの替え時」についてお話しします。

3年を目途に見直す

弊社ではお客様に約3年程度で更新をご提案しています。
理由は2つ。1つは社員情報更新の為です。採用情報は社員紹介がマストですが、異動や昇進、退職でどうしても人の情報は変わるからです。たまに就活サイトで取材記事を上げていた社員が残念ながら掲載期間中に退職してしまうケースがありますが、その際は「●●までは掲載期間なので掲載したままでも良いか」確認を取りましょう。自社のサイトやパンフレットも1人分の修正だけでも別途費用も手間もかかりますので、何時何時まで使用したい旨を伝えて双方の意思確認は取った方が安心です。そしてもう1つの理由はその時代の流行りを取り入れる為です。例えばWEB情報だと昔はパソコン閲覧前提で凝ったHPが好まれましたが、今はスマホ対策の方が優先されます。紙媒体は採用ターゲットに好まれやすい、手に取りやすいのはどんな大きさか、コピーやカラー、デザインのタッチは何かを考えます。そして紙ツールの場合、手に取った本人以外の人にも見られて、情報が周辺で勝手に展開してくれる側面もあります。例えば新卒なら大学の友人、先生、両親へといったように。使われるシーンまでしっかり考慮してツールも戦略をもって作成・活用しましょう。

時にはサブツールを活用する

大がかりにリニューアルが難しい場合は1枚ものの社内で印刷できるサブツールを利用することをおススメしています。学内合説はその大学の卒業生情報を集めた簡単な資料を作る、大人数で対応する場合はスムーズな進行と誘導に繋がるようよくある質問集を用意するなど。業者に依頼するほど大がかりでなくて構いません。むしろその時々のニーズに合うものを少しタイトルや情報を書き換えて対応できる汎用性の高い1枚もの資料を作っておくと非常に便利です。私たちは採用代行でチームに入るときは自分たちで作ってイベントの進行代理も行っています。 いすれにしても、採用ツールを作る際、自社の強い気持ちを織り込んでかたちにしますが、忘れてはいけないのは「手に取る相手」をよく想像することです。繰り返しになりますが、どんな場面で使って、どのような展開を期待できるか、その設計をもとにサイトやパンフレットのディレクションを行い、足りないところは簡単なサブツールを用意して小回りのきくツールを用意しましょう。