採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

移り変わる「検索方法」

インターネットで情報収集をする際に「とりあえず検索をする」という行動に関してはどの年代にも共通することですが、検索方法(絞込みのかけ方)という観点で見てみると、こちらは各世代によって異なってくると新卒採用・中途採用両面に共通して感じることです。

求人サイトの内において情報収集が主流だった時代は、求人サイト側であらかじめ用意された検索項目から希望する職種・業界・勤務地・年収等にチェックを入れて≪条件からの絞込み≫が当たり前の検索方法でした。

しかし現在では検索エンジンに直接、自分が探したいキーワードをダイレクトに入力して検索を行うケースが増えてきています。

そしてその検索も以前に比べて「保育士 小規模 府中市 求人 」のように、より具体的なキーワードを使用した内容が増えてきています。

実際に弊社で管理する求人への応募経路を見てみても、各種求人媒体が主流だった時代に比べ今はindeed経由からの応募が高い割合を占めているあたりも、それを顕著に表しているように思います。さらに検索エンジンだけでなくSNSや動画を使用しての情報収集に慣れた若い世代は、ハッシュタグを利用しての検索や、動画で検索をするといった次の動きも出てきています。

求人広告を作る際、読みやすさを追求したコピーや、印象的な写真を使用するなどの画面作りはとても大事ですが、一方で対象者の検索結果一覧に出やすい、そしてクリック(またはタップ)されて閲覧されやすいのはどんなキーワードやコピーなのか、よりロングテールキーワード(ニッチキーワード)を狙っていくのか?もしくは文字よりも動画を使って訴求していくのか、検索方法の仕方から追いかけて対応策を考えるのはいかがでしょうか?

我々のサービスはこちらから>>