採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

見えない時ほど心を込めて

就活サイトからの募集や新卒紹介、最近では専門性に特化したイベントやスカウト型のサービスなど、年々採用手法が多様化しています。

しかし入社後に内定承諾に至った理由や、良かった点を複数上げてもらいまとめてみると、「レスポンスが早かった」「電話の対応が丁寧で感じが良かった」など、電話のアプローチといった以外にシンプルなものがあることに気づきます。

現在セミナーや選考などの参加確認や誘導はどのようにされていますか?

最近は応募者も採用担当も時間の使い方が多様なのでメールで予約配信したり、各種メッセンジャーで短文のやりとりをするのがメインになってきていますが、電話もまだまだ見逃せないツールの一つです。あるクライアント様では内定を出した学生さんから「電話の感じが良くて業界イメージが変わった」というお声を頂きました。  

一斉送信されたようなスマートな文面や、あきらかにコピペされたようなメッセージが届くのではなく、直接連絡をしてくれることで企業に対して好印象を持ったり、それがきっかけで説明会に参加してくれる学生も中にはいます。

また、就活早期においての電話連絡は学生の呼び込みや参加率の向上に結び付きやすいです。エントリー後、何のアクションもしていない学生に対してアプローチすることで動く学生もいます。

ちょっとしたことですが、学生の立場からすれば緊張してかけたりドキドキして出た電話の対応が良いと、企業の印象は変わりませんか?

現在の応募ダイヤルはどこの電話に繋がってますか?

そして、その電話にはいつも誰が出てどのような対応をしていますか?

ぜひ一度、年度の振返りで見直してみてください。

我々のサービスはこちらから>>