採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

毎週リードを変えてみる

売り手市場となっている新卒採用マーケットにおいて、

新卒採用だけに限っても、リクナビ、マイナビ、キャリタスなどネット上には

様々な新卒採用向けの求人広告が溢れています。

そんな中、採用担当者の方は、時に同業他社の広告と見比べながら、時に過去の原稿やそのコピー・会社案内などを読み直したり、社内の意見を集めたりなど

他社と差別化させる

「オリジナルの採用メッセージ作成」

に向け、日々アイディアを練っているかと思います。

たしかにキャッチコピーのインパクトは重要です。

採用市場に乱立した沢山の求人広告に埋もれず、学生や求職者にリーチするために、

一目で与えるインパクトを持たせることで、上手く求人広告の内容に導いたり、

インパクトそのものでメッセージを伝えるケースなどもあります。

(文の里商店街や早慶戦や・・・。)

言われてみればたしかにそう。そんな見方があったのか。

そこに目を付けるか。など、思わず「上手い!」と唸るそんな広告もあります。

このような求人広告が簡単に出来ればそれは素晴らしいことですが、

多くの現場において思わず唸るようなものはすぐに思いつくものではありません。

そんな中、私たちは

日々の積み重ねこそが着実に差を付けるポイント

だと考えています。

例えば現在使っている求人サイトの運用。

これまで求人広告は、同業やエリア、掲載時期など過去のデータや

傾向をもとに製作する一発勝負型でしたが(媒体会社からのデータやアドバイスが占める割合も高い)、現在は日々の数値や検索キーワードなどを分析してこまめに運用することができ、それが採用成功の鍵となってきます。

indeedの盛り上がりを見てもそれは明らかで、あるクライアントでは

バイトの求人広告において毎週リードコピーを変えることで反応を確認しました。

また別のクライアントでは新卒ナビのWEBDMを送る際に、学生の対象者に

おいて細かくセグメントをかけ、あらゆるパターンで細かく配信することで、

かなりの開封率とエントリーに繋げました。

イメージとしては、サイト制作やLPの運用などで行う、ABテストです。

写真や対象者、コピー、全体のコンセプトなどを変化させることで、

掲載者側で求人広告をコントロールしながら運営していきます。

求人サイトは、紙媒体と違いタイムリーな修正が可能です(そして手間です…笑)。

凄いアイディアはそうそう出て来るものではありません。

だからこそ、この手間の部分が重要だと私たちは考えています。

我々のサービスはこちらから>>