採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

採用担当を増やしていく

「採用活動の成功」

我々が採用担当者の方やそのチームと共に目指す場所です。

そして採用活動の成功だけでなく、採用力の向上も目指して活動しています。

採用担当個々の能力向上や、採用ストーリーの強化、プレゼンや担当業務の

見直しなど、採用チーム全体の力を押し上げていくのはもちろんなのですが、

それだけでは限界があります。

採用活動では様々な場面において、採用部署以外のメンバーに

採用業務の手伝いを依頼するケースがあります。

そしてその場面を用意することが、結果として自社の採用力向上にも

繋がっていくのです。

新卒採用において1年目や2年目の先輩社員や、若手でメンターになりそうな社員

に協力してもらい、説明会などで現在の仕事内容や、

入社理由などを学生に伝えてもらうことなどは、代表的な例です。

こうすることで、採用業務に携われるメンバーが増えたり、

改めて彼らの話を聞く中で、採用コンテンツを追加できる可能性もあります。

こうして聞くと、比較的簡単に聞こえるのですが、

≪自社のことや魅力を話す≫というのは、案外ハードルが高い行動です。

営業として商品やサービスを話すのとも異なるので、

社歴のある別部署のメンバーであったとしても、

普段から採用活動に関わっていないと勝手が違い、

若手や入社まもない新人にとっては非常に難しいものです。

以前採用活動に関わっていたとしても、新卒採用は世代によって、売り手市場・

買い手市場とマーケットが違います。ハガキ、リクナビ、マイナビ、メール、

LINE、オワハラ、ガクチカ、オヤカク、ソー活、キチョハナカンシャ、

お祈りメール。時代によって、年度によって様々なトレンドがあります。

現場に連れて行って経験を付けるのも大切ですが、

まずは「現在の新卒採用」についてしっかりと説明をしましょう。

以前、3名の若手に採用活動を手伝ってもらいました。

事前に採用マーケットと目的、やってほしいこと、イベントの流れを伝え、

まずは合同説明会に参加。当日は多少学生向けに話をしてもらいました。

出身大学の学生もいたので、そのままキャリアセンターに向かわせ、

学内イベントの参加を取り付けてもらい、そちらにも参加。

シナリオや質問はこちらで考え、再びミーティング。

当日はその流れで話をしてもらいました。

しかし、採用活動を頻繁に手伝ってもらうようになると、

徐々に慣れていくから面白いものです。

学内イベント1年目、事前の打合せ内容だけを話していた新人が、

当日起きたアクシデントを物ともせずに、

2年目はアドリブたっぷりで学生を笑わせていました。

社内の中で、採用活動のステージに上がれる仲間を作っていくもの、

採用担当者の仕事であり、楽しみの一つだと思っています。

継続していく中で、採用活動に参加している意識が根付き、

協力者となっていきます。そしてその学生が入社した後、

自然と気にするようになっていくのです。