採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

Zoom面接で採用担当が気を付けるべき事項まとめてみました

新型コロナウイルス感染症の影響で主流になってきた「WEB面接(オンライン面接)」。遠方に住む求職者や就活生との接点、移動時間を問わない、いつでも・どこでも開催できるなど様々なメリットがあり便利なのですが、オンラインであるがゆえに対面の面接と違い「思わぬ失敗」があるのも事実です。
そこで、今回はZoom面接での失敗例から、面接官が注意すべき事項をご紹介します。

周囲の音は意外に聞こえます。

オープンスペースのような場所でオンライン面接をすると、周りの音も意外と聞こえてしまう可能性があります。特に、最近のデバイスの性能はかなり優れていますので、少し離れた距離の音でもクリアに拾われてしまいます。
その中で雑音ならまだしも、社外秘の内容はもちろん、あまり聞かれたくないようなこともありますので、出来るだけ静かな個室や会議室を確保してください。室内のドアや窓を閉めて、なるべく余計な音をシャットアウトしましょう。

同居している家族がいる環境で行う場合は面接中に話しかけられないよう、事前に予定を共有しておくことも必要です。

面接官も見られています

面接官が求職者や就活生を見ているように、あちらもしっかりと面接官を見ています。特にオンラインでの面接においては視野に入る画角が狭くなるため、対面での面接に比べてより欠点が目立ってしまう可能性が高いです。
例えば面接終わりに「これで以上になります。ありがとうございました。」と言いながら、求職者や就活生の方に目を向けず次の作業に移っていたり、会話中こちらがどんな表情や声のトーンかを気にしていなかったり。
オンライン面接だからと油断してスーツのクリーニングを怠っていませんか?
Zoom面接であっても対面式と同じ採用面接の一環です。初対面かつ遠距離だからこそ、第一印象には抜かりない準備が必要です。身だしなみを整え、面接官の言動には細部まで気を配るようにしましょう。

面接を受ける側にとってキーボード音も恐怖です

パソコンが目の前にあると、ついつい面接中のメモを打ち込んでしまいたくなります。後々の事を考えると手書きよりも便利かもしれませんが、実はキーボードの打鍵音は、通話相手にとってかなりストレスになります。
相手が話している途中で「カタカタカタカタ!!」と音がしていては、せっかく一生懸命伝えようとしている学生も、モチベーションが落ちたり、何をチェックされているのか不安になったりしてしまいます。
メモを取りたいのであれば、メモ帳などの紙に書いたり、自分以外の採用担当者に記録してもらうようにしましょう。

プレゼンテーションの良し悪しに流されます

中途採用の面接では「これまでの成果を聞く・話してもらう」ことが多いので、
求職者が自身をプレゼンしてその中身を評価する機会が多かったですが、新卒採用に関しては学生時代の成果を話してはもらうものの、相手の雰囲気や話すスピードや間の取り方、いわゆる会話のキャッチボールの中身も評価していたと思います。しかしZoomでのオンライン面接になると、回線の問題などもあるため対面式の面接に比べ間の取り方が難しく、新卒でもプレゼンテーションの上手い学生が優秀に映りがちの印象を受けます。評価する点は基本的には変わりませんが、少し意識してみてはいかがでしょうか?

最後に

これらの事例以外にも
面接時間になっても面接官が現れない。ラフすぎる態度をとる。(ガムを噛みながら面接される、部屋はどんな感じなの?などプライベートに介入する)
など、社会人として目を疑うような行為も報告されているようです。
オンライン面接であっても、これまでの採用面接と何ら変わりはありません。
面接する側もより細かな部分にまで意識を配るように注意しましょう。

我々のサービスはこちらから>>