採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

デイケアの仕事について

デイサービスとデイケア、名前は似ていますが、サービス内容や仕事内容は異なります。

今回はデイケアについて、ご紹介したいと思います。

デイケアについて

デイケア(通所リハビリ)とは、介護を要する高齢者等が、日中送迎にて

通所し、身体的又は精神的(主に認知の面)な部分で、維持又は改善を

するために専門職によりリハビリを受ける施設です。

また、ディサービス同様、デイケアにおいても入浴や食事、排泄などの

日常生活における介護の提供も行っており、自宅で実践できるよう専門職も

交えて対応する施設です。

所属する職種

デイケアで働く職員としては、介護職(相談員、現場を行なう介護員など)は

もちろん、看護師、事務員、そしてリハビリを主に担うP T(理学療法士)、

OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)などが所属しています。

必要な資格

看護師は看護師資格(准看護師の方がいる施設もあり)、相談員は社会福祉主事

か社会福祉士、またはそれに準ずる経験。介護員は法的規則がない為、

無資格の介護員もいますが、介護福祉士を取得して勤務している職員もいます。

また、介護職は医療行為にあたる部分は行えない為、看護師にフォローして

もらうことが必要となり、リハビリの専門職となる職員もそれぞれ、PT、OT、

STなどの資格をが必要となり、業務上で対応に困る際には、彼らからもフォロー

や指示をもらうことがあります。

必要な知識

介護職として現場業務を行なう上で必要となる知識は、

「介護をする」ことに関する知識です。

その利用者様がどういった状況で利用することになっているか、その利用者様は

どのようなところに不自由さがあるか、入浴や排泄、食事においてどのような

介助を必要としているか、さらにどのレベルでの介助を必要としているか等を

把握して対応することが求められます。

また、どのような疾患や障害があるのか理解できるための知識も必要です。

デイケアの仕事内容

リハビリの施設であるため、“介護する”ことは行ないますが、いかに利用者様

本人の力を活かし、利用者様本人の力で出来るように介助し、声掛けをし、

見守りをするということが主になります。リハビリの専門職と連携し、どのよう

な介助方法にすることで、より良い対応になり、利用者様本人の力で出来るよう

になるのかを検討、実践していくことになります。

介護だけでなく、医療やリハビリといった面での専門用語や対応方法も

働きながらでも覚えていく必要があります。

必要なスキル

デイサービス同様、「気付き」を身に付けたいです。

利用者様の思いや、やりたいこと、やりづらいこと、身体的な面で普段と違う

ことはないかなどの点にどれだけ気づくことができるかで、利用者様への

対応の質は大きく変わると思います。また、利用者様を知ろうと意識し続ける

ことで、利用者様本人の介助をした時に、どこに重心があるのか、どの部分には

力がどれくらい入るのか、できない部分にどのような特徴があるかなど、

様々な点に着目するようになり、どこまでが必要な介助で、どこからが本人に

練習してもらう部分かを把握しやすくなります。

デイケアで働くやりがい

デイケアで働くやりがいは、少しずつでも段階を追って、出来なくなっていたこ

とが出来るようになったり、状態が落ちることがなく、維持できている姿を見る

中で、自分たちが対応したことで、その利用者様やそのご家族のためになれて

いると実感できることです。デイケアで働くことは、リハビリを兼ねた介護を

していかなければならず、意識することや着目するべき点が多いので大変な

仕事です。しかし、そこには様々な専門職がいます。彼らと相談したり、指導し

てもらいながら、チームとして取り組むことで、それがやりがいに繋がると思い

ます。