繋がりとパターンを使い倒す

薬剤師採用・薬学生採用

わかりやすい情報展開

薬剤師の転職市場は、人材紹介会社を使っての転職活動が多くの割合を占めています。そして大手各社はWeb上での施策も行っているので、求職中の薬剤師の方が検索をしても、出てくる求人情報は紹介会社の物がほとんどです。そして万年薬剤師不足の市場から、一般の職種に比べ、遥かに高い確率で内定が出ているのが現状で、担当者の知識レベルやヒヤリング能力、事前情報などに関わらず「人ありき・資格ありき」の採用がまだまだ継続されいるような転職市場です。もちろん非常に優秀なコンサルタントの方も多く存在しますが、担当が決まっていることは稀です。だからこそ紹介会社のどんなコンサルタントであっても分かりやすい情報展開をし、コンサルタントの方への理解促進を進めることが求職者への広報活動に繋がります。

表面的な条件からの脱却を目指す

誤解を承知で言うと、薬局薬剤師の仕事は簡単だと思われている節があり、「いざとなれば薬局で働く」「最後は薬局で薬剤師をする」「せっかく資格があるから」など、資格さえあれば受け入れてくれると薬局の門を叩く転職者が非常に多い印象を受けます。しかし実際はそれほど簡単な仕事ではなく、長年積み重ねて来た技術や知識を使いながら薬局薬剤師は日々働き、地域医療を支えています。服薬指導一つとってもカルテからの情報が予めある中で服薬指導する病院薬剤師、患者さんが自身の視点で病状を訴えてくるドラッグストアの薬剤師、そして処方箋から徐々に話を聞き出す薬局薬剤師。全て違います。そして薬局毎に大切にしているやり方なども異なります。転職活動中の薬剤師の方はもちろんですが、コンサルタントにもその辺りをしっかりと伝えていかないと、表面的な採用活動から抜け出すことは難しいと感じています。

種別に分けると大体まとまる
薬剤師の薬局への転職理由

長く薬局で薬剤師採用に携わっている方であれば、薬局への転職理由は大体パターンがあることを認識しています。例えば求職者の転職パターン、病院薬剤師からの転職は、30歳を超えたあたりからの夜勤が体に堪える、給与が安い、患者さんとの距離が遠い。MRからの転職者は早期退職後に薬剤師資格を生かして働きたい、地域医療に携わりたい(大体は仕事に疲れた)。ドラッグストアからの転職者は、OTCの目標がきつい、販売がメインなので薬剤委資格を生かしたい。薬局からの転職者は、処方箋枚数が多すぎる、もっと患者さんと寄り添いたい、買収されて給与が下がった、雰囲気が変わった。比較的このような内容が多いのではないでしょうか?「本当の仕事軸や仕事観を見極めにくく、条件面での戦いになることが多い印象を受けます。

薬局側も千歳飴状態
白衣と調剤カウンターのオンパレード

一方薬局側からのメッセージや、見せ方のバリエーションが少ないことも、条件採用につながる原因の一つになっている気がします。 新卒採用においても「地域医療」「地域包括ケア」「在宅医療」など共通したメッセージを多くの薬局が使用していますが、中途薬剤師の転職市場においては、処方箋枚数や残業時間、そして何より年収の話など条件面が新卒時に比べると圧倒的に多くを占めるようになり、薬局としての考え方や理念が後回しになっている印象も強く受けます。そして、雰囲気を伝えるためのビジュアル表現も、白衣姿をした薬剤師が調剤カウンター越しに患者さんに服薬指導らしき会話をする姿、ピッキングする姿、調剤棚から薬を出す姿。在宅医療も車の横に立っていたり、荷物の積み込みの姿になってしまっており、こちらもバリエーションの少なさを痛感します。

徹底した社内リサーチ

「差別化しづらい」
だからこそ人がエビデンス

バリエーションが少ないということは、むしろパターンを作りやすいと言うことでもあります。全国にある大学のうち、薬学部が存在する大学は全体の1割ほど。社内を見渡せば高い確率でOBがいます。転職前の業種を見てみても、元病院薬剤師、MR出身、元ドラッグストア勤務という薬剤師が高い確率で在籍していることでしょう。今回面接に来た薬剤師のプロフィールを見たとき、どこかの店舗に親和性の高い薬剤師は在籍していませんか?薬局からの転職者においても、理由が似ている薬剤師はいませんか?病院薬剤師が前職での経験をどう活かして働いているか?未経験の薬剤師がどのようにして仕事を覚えたか?まずは社内の薬剤師の話に耳を傾けてみましょう。そして今回の求職者向けの成長のエビデンスを発見しましょう。

紹介ハードルを下げて認知度を上げる
実習以外の何かをさがす

採用業務を薬剤師が兼任しながら行っているケースも多く見られます。そのため中途採用において求職者(紹介会社)からの打診があった際も、仕事中や移動中でしっかりと対応が出来ていないこともあります。紹介会社のコンサルタントの多くは、その土地に精通している訳ではないので、求職者の自宅から勤務先となる薬局までの距離感をつかめていないことも多く、紹介会社の中において企業担当と求職者担当に分かれている場合は薬局の詳細情報が曖昧になることもあります。改めて質問されることもあると思いますが、予め各薬局の詳細情報の一覧(所在地、営業時間、処方箋枚数、人数構成、年齢構成など)と、薬局の所在地を簡単にまとめたものを配布することで、物理的にも心理的も紹介しやすい薬局として認知して頂きたいです。また、新卒採用においてですが、地域コミュニティーでの繋がりはありませんか?在宅を通しての繋がりや薬剤師会での繋がりなど、学生でも参加できそうなイベントなどを上手く採用活動と絡める(企画する)ことで、 実務実習とは異なる母集団の形成が出来るかもしれません。