限りある母集団と気持ちを握ることの重要性

内定者フォロー

集めることの難しさ

企業の魅力を抽出、魅力的な先輩社員の選出、学生の選別基準を共有するなど、採用活動を始めるにあたっての準備はとても大切です。組み立てが出来ておらず場当たり的な新卒採用は上手くいきません。しかしこれは学生が集まることが前提での話です。売り手市場のマーケットで最も困難だと感じるのが「集める」ステージ。有名どころのナビ媒体に加え、昨今ではアドネットワークやアプリ、システムなどが開発され、優秀な人材はもちろん、多種多様な学生と出会える機会をどの企業も必死に模索しています。流行りのリファラル採用もその一環です。目標値を設定する際、安易に母集団の数を膨らますのはやめましょう。新たな施策を用意しない限り危険です。

あってはならないビックリ辞退

内定辞退にも2種類の辞退が存在します。仕方がないのは想定内の辞退。元々志望度が薄い場合や、第一志望が他にあるケースなどがこれに該当します。業種やエリアなど、ハード面の条件による内定辞退に関してはフォローが難しいことや、不可能なこともあるので、ある意味仕方がないと思います。一方で問題にしなければいけないのが、入社意欲が高いと思っていた学生や、入社のヨミが堅かった学生からの内定辞退。いわゆるビックリ辞退です。こちらは原因究明が必要です。もしかすると防ぐことが出来ない理由だったかもしれませんが、そもそもそこを認識出来ていなかったことが問題です。そして、そこには自社のウィークポイントが隠されているかもしれません。内定フォローでは、イベントや制度、仕組み以上に心の動きを汲み取ることが非常に大切です。

難しい学生との距離感
担当者依存に潜む危険性

内定者の内面を汲み取り、内定辞退の防止に繋げるのは社内の仕組みではなく採用担当者が「どこまで学生の状況をつかめているか?」「学生が何を持って決定するか」をしっかりと把握して手を打つことです。ただし、学生との距離が近くなりすぎ、よくある「入社を決めた理由」の項目が「担当者が良かった」という回答になるのは避けなければいけません。他に回答がある中の一つとして内定者が口にするのであれば問題ないですが、これが真っ先に出てくると危険です。言い換えると選考の段階で、自社の魅力を伝えきれていないことにもなります。担当者依存は採用力の向上にはつながりません。採用担当が退職したらそれで会社の魅力もなくなるということです。

早期化した採用活動が
採用活動の長期化に繋がっている

ここ数年インターンシップが盛んになり、学生達も挙って参加するようになりました。それに伴いインターンシップが実施される夏こそが、実質的に就職活動や採用活動のスタートするタイミングになりました。年々早まる採用活動と就職活動の中で、企業の選考スケジュールは次々と早期化し、合わせる形で学生たちの動きや内定取得のタイミング全てが早期化しています。そのため、フォローしなければならない期間が当然長くなり、早期化した採用活動は、結果的に長期化となっています。一年中続く新卒採用の中、採用活動と内定者フォローを同時に継続している採用担当の負担は増えています。

社内リソースで戦えるのが内定者フォロー

わざわざ企画せずとも
内定者フォローは会った瞬間に始まっている

入社前に技術習得するための研修などは別として、大人数を集めて行う制度的な内定者フォローは無理にしなくても良いと思います。最終的な目的は、納得して入社してもらうことです。内定者の心の動きをしっかりと掴み、選考が終わった段階で満足して入社をして頂ければ、極端な話内定者フォローという名の元にお互いがわざわざ時間を別に割く必要はありません。特に理系学生など、研究で忙しかったり卒業へのハードルがある学生にとってはかえって印象が悪くなってしまいます。内定者フォローは選考時から始まっています。彼らが何が欲しくて、何を叶えたいのか?何を不安に想い、何が本質なのか?そしてその順位づけは?会話の一つ一つこそが内定者フォローにとなっているはずです。意思決定にはいくつかのタイプが存在します。本人にとって最良の選択になるようにフォローしていきましょう。

未来のための内定者フォロー
中途採用へつなげる

採用活動において、これまで当たり前に行っていた「会って話をする」「会って伝える」 ことがなかなか出来ないため、雰囲気を伝えることやお互いの理解度を高めることに 頭を悩ませている採用担当者は多くいらっしゃることでしょう。 しかし、ZOOMなどを使用したウェビナーが主流となった採用活動だからこそ、 遠隔で行う雰囲気作りとその伝え方に対応していくことが重要かと思います。 これまでの採用活動において比較的消極的だったWeb対応ですが、 実施数が増えたことで、遠方の学生へのアプローチや、気軽に参加が出来ることでの 集客への繋がりなど沢山のメリットもできました。 拘束時間を考えた時、これまで会場に呼ぶことが困難だった先輩社員も、 遠隔であれば参加が出来ます。 採用担当以外には中々会う機会のなかった社内の先輩も、 ウェビナーであれば複数名同時に話を聞くこともでき、 メンバー間のコミュニケーションによって 雰囲気や繋がりを伝えることもできます。 対面式とWeb、双方で対応することで相乗効果を出していきましょう。