上を見た採用、周りばかり気にした採用

上を見た採用、周りばかり気にした採用

採用活動を続けていく中で、求職者を見ていたはずが、いつの間にか上長や別の部署を見ている いわゆる「上を見た採用活動」や「周りを気にした採用活動」に変わっているケースを度々見かけます。 「こんな人を上げたら怒られるから」「この応募者なら何も言われないはず」。 もちろん、社内での選定基準を把握するために「この学生なら評価されるだろう」と、 上長や別部署の基準を意識することは大切です。 しかし、一つだけ忘れてはいけないことは、採用活動の目的が「良い人を採用すること」だと言うことです。「個人的には良いと思うけど、注意されそうだから止めておこう」 そういった判断は非常に勿体ないです。自身がその求職者を選んだ理由や推したい部分があるはずです。 躊躇するということは、足りない部分に気づいているのだと思います。 次の選考時、追加で伝えるべきことや表現方法、情報の強弱、気を付けることなど 求職者と一緒にブラッシュアップすることは、相互理解を深める時間にもなるはずです。