採用活動、保育園運営、転職支援に関わることなど。色々とご紹介します。

薬剤師採用を成功させるためには?-繋がりとパターンを使い倒す-

わかりやすい情報展開が必要

薬剤師の転職は、昔から人材紹介会社を使用しての転職活動が非常に多いのですが、そもそも大手紹介会社各社は広告戦略やWeb施策を行っているので、求職中の薬剤師が求人の検索をかけた時に表示される求人情報が、紹介会社の掲載している求人が多くを占めているという背景もあります。

薬剤師のマーケットは万年薬剤師不足の転職市場のため、一般の職種に比べて遥かに高い確率で内定が出ているのが現状です。

そのため、候補者の事前情報などに関わらず「人ありき・資格ありき」の採用を行っている企業もまだまだ多く、非常に優秀なコンサルタントも多く存在する一方で、まだ経験の浅い担当者が携わるケースも多く見かけます。

だからこそ経験の有無に関わらず、全てのコンサルタントの方にとって分かりやすい情報展開をし、コンサルタントの方への理解促進を進めることがすなわち求職者への広報活動に繋がって行きます。

表面的な条件からの脱却を目指す

誤解を承知で言うならば、薬局薬剤師の仕事は簡単だと思われている節があり、
「いざとなれば薬局で働く」「最後は薬局で薬剤師をする」「せっかく資格があるから」など、資格さえあれば受け入れてくれると薬局の門を叩く転職者が非常に多い印象を受けます。

しかし実際はそれほど簡単な仕事ではなく、長年積み重ねて来た技術や知識を使い、ブラッシュアップしながら薬局薬剤師は日々働き、地域医療を支えています。

服薬指導一つとってもカルテからの情報が予めある中で服薬指導する病院薬剤師、患者さんが自身の視点で病状を訴えてくるドラッグストアの薬剤師、そして処方箋から徐々に話を聞き出す薬局薬剤師。それぞれの仕事に大変なことがあり、経験と知識が必要になります。

そして何より薬局毎に大切にしているやり方や考え方があるはずです。
転職活動中の薬剤師の方はもちろんですが、コンサルタントにもその辺りをしっかりと伝えていかないと、表面的な採用活動から抜け出すことは難しいと感じています。

類似した転職理由が多い

長く薬剤師や薬局の採用に従事していると、薬局への転職理由は類似したケースを多く見受けられます。

例えば病院薬剤師からの転職は30歳を超えたあたりからの夜勤が体に堪える、給与が安い、患者さんとの距離が遠い。

MRからの転職者は、早期退職後に薬剤師資格を生かして働きたい、地域医療に携わりたい(大体は仕事に疲れた)。

ドラッグストアからの転職者は、OTCの目標がきつい、販売がメインになっているのでもっと薬剤師資格を生かしたい。

薬局からの転職者は、処方箋枚数が多すぎる、もっと患者さんと寄り添いたい、買収されて給与が下がった、雰囲気が変わった。など。

思い返してみると、上記に当てはまるパターンが比較的多いのではないでしょうか?その結果として似たよう応募者が増えて「真の仕事軸や仕事観」を見極めにくく、条件面での戦いになることが多い印象を受けます。

「地域医療」が並ぶアピールポイント

一方薬局側からのメッセージに目を向けると、こちらも見せ方のバリエーションが少ないことも、条件面での採用につながってしまっている要因の一つになっている気がします。

中途薬剤師の転職市場においては、処方箋枚数や残業時間、そして何より年収のことなど、条件面が圧倒的に推して行く情報の多くを占めるようになり、薬局としての考え方や理念が後回しになっている印象を強く受けます。

新卒採用においては、薬局側の理念や考えなどを提示してはいるものの、「地域医療」「地域包括ケア」「在宅医療」など似たようなキーワードになってしまっており、雰囲気を伝えるためのビジュアル表現も、白衣姿をした薬剤師が調剤カウンター越しに患者さんに服薬指導らしき会話をする姿、ピッキングする姿、調剤棚から薬を出す姿。在宅医療も車の横に立っていたり、荷物の積み込みの姿になってしまっており、こちらもバリエーションの少なさを痛感します。

「差別化しづらい」からこそ人がエビデンス

バリエーションが少ないということは、パターンを作りやすいと言うことでもあります。全国にある大学のうち薬学部が存在する大学は全体の1割ほど。社内を見渡せば高い確率でOBがいます。

転職前の業種を見てみても、元病院薬剤師、MR出身、元ドラッグストア勤務という薬剤師が高い確率で在籍していることでしょう。

次回面接予定の薬剤師のプロフィールを見たとき、どこかの店舗に親和性の高い薬剤師は在籍していないでしょうか?薬局からの転職者においても、退職理由が似ている薬剤師はいませんか?

病院薬剤師出身者が前職での経験をどう活かして現在働いているか?未経験で入社してきた薬剤師がどのようにして仕事を覚えたか?

これらの話を出来る方は在籍していないでしょうか?まずは社内の薬剤師の話に耳を傾けてみましょう。そして今回の求職者向けに入社後の成長エビデンスになるケースを発見しましょう。

紹介ハードルを下げて認知度を上げる

薬剤師の採用は、採用業務を薬剤師が兼任しながら行っているケースも多く見られます。

そのため中途採用において求職者(紹介会社)からの打診があった際も、仕事中や移動中でしっかりと対応が出来ていないこともあります。

紹介会社のコンサルタントの多くが、その土地に精通している訳ではないので、
求職者の自宅から勤務先となる薬局までの距離感をつかめていないことも多く、
紹介会社の中において企業担当と求職者担当に分かれている場合は、薬局の詳細情報が曖昧になることもあります。

改めて質問されることもあると思いますが、予め各薬局の詳細情報の一覧(所在地、営業時間、処方箋枚数、人数構成、年齢構成など)と、薬局の所在地を簡単にまとめたものを配布するだけでも、物理的にも心理的も紹介しやすい薬局として認知して頂けるはずです。

実務実習以外の繋がりを探す

実務実習を通して新卒の採用につなげている薬局も多いと思いますが、最近では様々な会社が採用活動の一環として位置付けているので、もしかすると以前に比べて結果が出ていないかもしれません。

そんな時は改めて見直して下さい。

「地域コミュニティーで採用活動に繋がる場所や親和性の高いイベントはありませんでしょうか?」

例えば、在宅を通しての他職種との繋がりや薬剤師会での横の繋がりなど。
その中で学生でも参加できそうなイベントなどを上手く採用活動と絡める(企画する)ことで、実務実習とは異なる母集団の形成が出来るかもしれません。